スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトナ帝国

最近見た映画でずっと頭を離れなくなったのはオトナ帝国です。

どのキャラクターにも深い感情がこめられているのが印象的でした。

しんちゃんが未来をあきらめない姿、それが無邪気な子供心ゆえだということがみている私たちの心を打つわけですが、私としてはそれにもっとも強く感情を突き動かされたケンちゃんチャコちゃんというキャラクターに魅力を感じずにいられません。

なぜふたりはあんな恐ろしく、優しい支配に突き進んだのか。

そうした過去があえて明かされず、二人が謎の人物でありつづけたことがまた物語の深みであります。

おそらく、二人ともどうしようもなく未来への期待を打ち壊され、絶望したのでしょう。
その絶望は、家族に恵まれなかったからでしょうか、子供心を失っていたからでしょうか。未来を失ったからだったでしょうか。
スポンサーサイト

生きる意味

ここ最近 生きてる意味がわからない 生きてることが自分になんのメリットがあるかわからないといった相談をよくうけます。

そこで学生の身分で学生なりに生きる意味を考えてみました。

わたしは過去の経験から自分は生きる意味において生きるのではなく生きる義務によって生かされていると考えていました。
わたしはそういった点から生きる意味について真剣に向き合ったことはなかったことを知ります。
僕ら学生にとっての本業は勉強に励むことです。
しかし学生は勉強だけすれば学生として十分な成果をあげたとは言い難いと思われます。
たしかに学生である以上は勉強することが優先されてしかるべきとはおもいますが、部活やサークル、友人や愛人関係、委員会や班活動などから組織的な概念や人間とのかかわり合いも学ばなくてはなりません。

メインは勉強です。
だからテストもあります。
よく勉強は捨てて、部活一辺倒という学生を見ました。
こういった学生は非常に多く、学校に行く理由を部活やサークルに重く置いているひとばかりです。
メインの勉強を捨ててサブであった部活がメインになるこういった逆転現象はよく起こりえます。

勉強にはげんでいる学生が生きる意味を考えたときになにがあったでしょう。
毎日の勉強や授業がどんな未来に直結しているか、学校の勉強のなかにはなかなか現れてくれません。

部活やサークルにはげんでいる学生が生きる意味を考えたときになにがあるのでしょう。
彼らはすでに生きる意味を生きがいとしているのです。

しかし勉強にはげんでいるひとでも生きる意味をみいだし、部活やサークルにはげむひとでも生きる意味を見失っているひとはたくさんいます。

わたしは自分が生きている意味や、なんのために生きているかなんてわかりません。

なぜなら、生きることに意味やなんのために生きているかなんて現時点では知りえない情報だからです。
生きていた意味や生きていた意味についてを知ることと、生きている意味や生きている意味を知ることには限りない時間の壁があるのです。
わたしが今書いているこの記事も今なんら意味について知る緒は見えません。
書いたあとにこそ知り得ることです。
ではひとは何のために生きているのでしょう。
生物学的観点からいきますと、それは子孫を残すためにいきているわけです。
わたしたちは仮にも知的生命体を名乗っているわけですから、生物学的観点とは違う視点で考えることができます。

未来とはいつも不確定で見えない存在です。
未来を生々しく想像しうる人間たちはいつも不確定なものに悩まされ続けなければなりません。
わたしたちは現在を生きているわけです。
わたしたちが人生を考えるとき、なにを見るか、それは過去や現在であって未来ではないのです。
仮に未来をすべて自分の想像の範囲内で完結させられる人がいたとしましょう。
その人は自分の想像のままにこの先の時間を生きていきます。
人間は初めてみたものにこそ感動をおぼえる。
その人はすでに想像の範囲内で知っている未来を、生きた感覚に追体験しつづけ、ついに自分の死を想像し、死んでいくでしょう。

それが真になんのために生きているのかわからないことだと思うのです。

わたしたちは今を初めて生きています。
未来を知りえないからこそ、悲しみ、傷つき、笑い合い、喜びます。
そう思えば、生きていることは生きているだけで無条件に理由になりえるはず、わたしはそう思っています。

なろう始めました。

http://ncode.syosetu.com/n6927cf/

某なろうサイトで連載はじめました。

なにぶん書くということには慣れていないのでなかなかうまくはいきません。

しかし、序盤に限ってはわざと稚拙な部分を作っているつもりです。

最初の方は読みづらいんですけどすこしずつテーマを伝えられるようにかけたらなぁとおもっています。

よければぜひ

ずいぶん久しぶりに

ブログというものが衰退しつつあり、ツイッターやフェイスブックなどのSNSでの人間の交流が主流となりました。

こうした流れは何年も前からあったものですが、ここ1,2年は特に顕著だったように思われます。

そういうながれはもちろん僕にも影響していて、ブログを書くことよりも片手の上の世界で全てを済ませてしまうことのほうが明らかに楽だったのです。

更新をしなくなってから一年が経ちました。

この一年の間でこのブログへの訪問者はもちろん減り、この記事を見ている人もほとんどいないでしょう。

しかし私は書くのです。

失われつつあるインターネット文化の一つであるウェブログが、今できることを少し考えています。

おそらくなにもできないでしょう、なぜなら私自身がこのブログを通じてできうることそのものが少ないからです。

そういう考えの中で今日からまた少しずつ日記を書き記していこう、そう考えているとこです。

ポートCCのお手伝い

ポートさんの家でポートCCの参加賞づくりしてきました!

ゲーム機は出さないっていう主催の方針のために
サプライやカードのほうで充実している景品が売りのポートCCなんですけど
今まで2回の開催で参加者の人たちから好評の声を多くいただいていて主催はじめ運営に携わった人たちめちゃんこよろこんどります。

今日は参加賞のオリパづくり手伝わせてもらったんですけど
これがめちゃくちゃ豪華です。

上位に入らなくても参加賞だけでもとがとれるようなカード(聖槍日スー、ビッグアイ、デーモンウル3枚セット、ウロボロスシクetc)がたくさんあって
これは参加賞だけでも満足してもらえるだろうという勢いです。
正直話してよかったのかわかりませんがかなり驚きのラインナップなでぽろってしまいましたけれど

これはポートCCでるしかないですね
プロフィール

G

Author:G
Gです。読みはジーです。某害虫ではございません。
間違っても某害虫のほうで解釈してはなりません。

サイトGodDragonMastersのブログサイトです。
基本的に書く内容は決まっておらず雑記です。
主にギター、遊戯王、気に入ったドラマ・映画、ゲーム、剣道ネタ、愚痴、謎の熱弁等が中心になる事でしょう。

ブロとも、相互リンク大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです。
気に入ったらリンクしていただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ファイナル・カウントダウン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。