スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます。

これをご観覧の方
明けましておめでとうございます。
そして全国のみなさま
明けましておめでとうございます!

いやね?本当はさ11:59分よりちょい前に良いお年をメッセージ送ろうとしてたんだけど

撮り貯めしてた矢島美容室(とんねるずのみなさんのおかげでした)
を見てたら1:00回っちゃって

面白い中寝てしまいw

おまけに花粉症も酷いから「パープルショット(薬品)」が手放せないです。
それでは
akeomeharuhi
何ヶ月かぶりのコメント返し
>みづきん

大丈夫っすか?
ホットカーペットじゃなくてヒーターじゃ駄目ですか?
床暖でも駄目ですか?

アトピーって良く分からなかったんでwikiで調べてきました
起きたばっかでよくわかんなかったけど
概要
アトピー性皮膚炎は、アトピー型気管支喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質(アトピー素因)の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患と考えられている。患者の約8割は5歳までの幼児期に発症する。従来学童期に自然治癒すると考えられていたが、成人まで持ち越す例や、成人してからの発症・再発の例が近年増加している。これについては、人口密度や住宅環境の変化が要因であるとする意見や、軽症患者の医療機関への受診が増えたことを指摘する意見がある。

アトピー性皮膚炎のガイドラインには、厚生労働省によるものと、日本皮膚科学会によるものがある。厚生労働省診断ガイドラインは皮膚科医に限らず広く一般の臨床医に参照すべきものとして作成されている。「改善が見られない場合は専門医に任せるように」としているように、プライマリーケアの意味合いが強い。一方、日本皮膚科学会診断ガイドラインでは、皮膚科医が参照すべき内容になっている。主に皮膚の病変に着目した内容になっており、より厳密な診断基準になっている。このように2種類のガイドラインがあり、治療内容にねじれが発生する可能性もある、という意見もある。
wikiより引用

ようはみづきんは2割しかいない特異な人間なのでしょうか。。。
では明けましておめでとうございます。


余談
行き着けの掲示板の住人ゼロ様がこんな神動画を作ってくださった
勝手とは思うがリンクする。
http://zerono.himegimi.jp/sin.html
ちなみにクイズ
俺の絵はどれかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとう!

自分もアトピーですよ。
10年以上悩んだあげく専門の皮膚科にいったらかなり早く治りましたよ。しかもほとんど薬つかわず。
やっぱり何のアレルギーか見極めてもらうのが1番だね。
ゼロさんの動画見損ねた~Σ( ̄ロ ̄lll)
プロフィール

G

Author:G
Gです。読みはジーです。某害虫ではございません。
間違っても某害虫のほうで解釈してはなりません。

サイトGodDragonMastersのブログサイトです。
基本的に書く内容は決まっておらず雑記です。
主にギター、遊戯王、気に入ったドラマ・映画、ゲーム、剣道ネタ、愚痴、謎の熱弁等が中心になる事でしょう。

ブロとも、相互リンク大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです。
気に入ったらリンクしていただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ファイナル・カウントダウン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。